お知らせ

教育方針

知「かしこいあたま」・情「やさしいこころ」・体「じょうぶなからだ」の三位一体の総合保育を実践しています。

個性豊かでお友達と仲良くできる、健康な心の優しい子どもに育てる。

一人一人の個性を尊重し、心豊かな人間に育っていく重要なこの時期を当園の保育で成し得る様、職員一丸となって全力を注いでいます。

教育目標

健康な体から豊かな心を育てる。音楽を通して情操豊かな優しい心を育てる。個々の可能性をいろいろな体験により引き出す。
  • 音感教育
  • 体育教育
  • 英語教育
  • 右脳教育

ご挨拶

寝屋川幼稚園園長の写真

寝屋川幼稚園では「個性豊かでお友達と仲良くできる健康な心の優しい子どもに育てる」を教育方針にかかげ、保育を行っております。 幼児期に、協調性と自主性を身につけることは、教育の2本柱です。
一人ひとりの個性を尊重し、心豊かな人間に育っていく為の大切なこの時期を、当園の保育で成し得る様、常に真剣に考えて取り組んでおります。

豊かな心はまず健康な体からです。 現在の子どもは体格こそ立派に育っていますが、体力がありません。 そこで、当園では子ども達の体力を向上し、意欲を引き出すよう体育保育やうす着運動に大きな力を入れております。

また、音感教育にも積極的に取り組んでおります。音楽を通して情操豊かな心の優しい子どもを育て、集中力を伸ばし常に目標を持つような指導を行うと共に、お友達と心を一つにして音楽を奏でることによって、協調性をはぐくみ、簡単にあきらめたりくじけたりしない強い精神力を持った子どもに育っていくよう取り組んでおります。 また、右脳開発の教材を導入し、朝の時間に取り組むことにより、一日の元気や躍動感につながっております。

幼児期における子ども達の可能性は計り知れません。 子ども達一人ひとりの個性を引き出すための根っこづくりに、職員一同取り組ませていただいております。

寝屋川幼稚園園長  池峯 亮

プライバシーポリシー当園での個人情報の取り扱いは、個人情報保護法に従い行っております。

PAGE TOP